芸能・エンタメ

ロンブー田村淳が聖火ランナー辞退!?「失言王」森会長の影響は?

ロンブー田村淳

東京オリンピック開催まで半年を切った状況ですが、多くの国民はコロナ禍での強引な開催に反対しています。

こうした状況下、「失言王」と言われる森・東京オリンピック/パラリンピック大会組織委員長の森元首相(83)の発言に抗議し、人気お笑いタレントのロンドンブーツ1号2号の田村淳さん(47)が、自分が走る予定だった聖火ランナーを辞退すると公表し、世間が注目しています。

森氏の一連の発言とは?

ロンブー田村淳

森氏の一連の発言は、まさに「失言王」という表現がぴったりで、国民どころか全世界まで巻き込んで、大きな非難を呼んでいます。

まずは、田村さんが一番問題視した発言として、森氏が「コロナがどんな形でも開催するんだ」という理解不能な発言をした(田村さんのコメント)ことです。

オリンピックは平和の祭典であり、世界中にパンデミックが拡大し、多くの人々の生命を蝕(むしば)んでいる状況にありながら、何のために強行するのかという疑念が背景にあります。

感染拡大を防ぐため)田んぼに聖火を持って走るべき

また、「タレントが聖火ランナーをやると人が集まるから、タレントは(感染拡大を防ぐため)田んぼに聖火を持って走るべき」と推奨する発言(同じく田村さんコメント)も話題となりました。

そして、今回世界中に注目された大問題発言が、「女性がたくさん入る理事会は時間がかかる」との発言です。

これについては、女性蔑視として世界中から大バッシングが巻き起こり、翌日に森氏が会見で陳謝する事態となりました。

田村淳さんの行動と世論の評価は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

田村淳(@atsushilb)がシェアした投稿

田村さんは、自身のYouTubeで、「森会長の発言を受け、聖火ランナー辞退します」と発言しました。

さらに田村さんは、森氏の発言が冗談なのか分からないが、こうした(軽はずみな)発言が人の気持ちを削ぐので、同意しかねる旨語りました。

そして、自分は影響力やインフルエンサーとしての力を持って仕事をしているとし、人を集める必要がないのであればタレントは身を引くべきとも話しています。

【世論の評価】一部コメント

こうした発言に対して、多くの世論が田村さんの行動を評価するコメントを寄せています。

その一部を挙げてみます。

・森さんの発言などもありますが、正しい判断だと思います。メディアを通しては言えない貴重で素直な意見を聞けて良かったです。

・おかしいいことにおかしいと言える著名人がいて良かった。

・(田村)《淳さんの決断に賛成です! ちゃんと本人の口から聞けてよかったです!

まとめ

  • 東京オリンピック大会組織委員長の森元総理が失言を連発
  • 聖火ランナーを予定していた田村淳さんが抗議の返上
  • 東京オリンピック開催の是非が問題に

今回の出来事で、利権が背景にあるからとも揶揄(やゆ)される東京オリンピック開催論者と、開催に反対する多くの世論の対立が象徴的に浮き彫りとなりました。

利害を超えて誠実に、東京オリンピック開催の是非を判断していただきたいものです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。